糖質制限で悪者にされる炭水化物は本当に太るのか?管理栄養士が解説します。

糖質制限で悪者にされる炭水化物は本当に太るのか?管理栄養士が解説します。

大道 行恵

管理栄養士

執筆者:大道 行恵

管理栄養士取得後、総合病院や特別養護施設で勤務。その後英国にて修士課程を修了する。
現在も現役で病院栄養士として勤務している。

食べれば太るといわれる「炭水化物」。ご飯、パン、麺類など私たちの主食とする食べ物は炭水化物が中心です。 そんな中、糖質制限ダイエット、低炭水化物ダイエットなど、炭水化物を減らすことでダイエットしようという風潮もみられます。 今回はそんな炭水化物について、どのように摂取していけばよいか、本当に太る原因なのかについて解説します。

はじめに

食べれば太ると悪者にされがちな「炭水化物」
ご飯、パン、麺類など私たちの主食とする食べ物は炭水化物が中心です。
皆さんも実際に糖質制限ダイエットなど、極端に炭水化物を減らすことでダイエットできるという話を聞いたことはありませんか?
しかし、炭水化物は私たちにとって非常に重要なエネルギー源です。
炭水化物をカットしすぎることで起こる体への悪影響も知っておきましょう。

炭水化物とは

炭水化物は、タンパク質、脂質と合わせて三大栄養素と呼ばれる栄養のひとつです。
炭水化物には糖質と食物繊維が含まれています。
このうち糖質はエネルギー源として利用されます。
食物繊維は体に吸収されず、エネルギーとしては利用されませんが、腸内環境を整えて便秘を解消したり、糖分やコレステロールの吸収を抑えてくれる働きがあります。

炭水化物(糖質)は本当に太りやすいの?

炭水化物(糖質)を多く含む代表的な食品といえば、ごはん、麺類、パン、芋類です。
糖質1gあたりのエネルギーは4kcalです。
糖質は体内に吸収され、速効性のあるエネルギーとして利用されます。
特に脳は糖分を主なエネルギー源として使います。
しかし、あまりにもたくさんの糖質を含む食品を食べると、利用しきれなかった糖分が体に脂肪として蓄えられてしまいます。
つまり、炭水化物を取りすぎると、やはり太ってしまいます
糖質制限で悪者にされる炭水化物は本当に太るのか?管理栄養士が解説します1

炭水化物を食べるときの注意点

炭水化物は大事なエネルギー源ですが、食べ過ぎは太ってしまいます。
では炭水化物を太るもとにしないためには、どんなことに注意が必要でしょう。
それは食べる量と、そのほかの食事のバランスです。
例えば、ラーメンとチャーハンのセット、うどんとおにぎり、または菓子パン数個といった食べ方は、カロリーオーバーになりやすく、満腹感は得られても、ほかの栄養が不足しがち。
これでは、バランスの悪い食事になってしまいます。
肉や魚などのタンパク質や、食物繊維が豊富な野菜は糖質の吸収を穏やかにしてくれます。
そして、これらの食事から得られるビタミンの中には、糖や脂肪の代謝を助けるものもあります。
糖質制限で悪者にされる炭水化物は本当に太るのか?管理栄養士が解説します2

バランスの良い食事とは

バランスの良い食べ方とは、定食のようにご飯1杯、肉や魚のおかず1品、野菜のおかず2品といった組み合わせの食事です。
外食ではなかなか、このような食事をすることは難しいかもしれません。
その場合は、ラーメンなら野菜やチャーシュー、卵などが入ったものを。
コンビニのお弁当なら幕の内弁当のようなおかずの種類が多いお弁当を選びましょう。
また、サンドイッチと野菜サラダのように組み合わせると、炭水化物ばかり食べるよりも栄養バランスが良くなりますよ。

まとめ

炭水化物(糖質)は体に必要なエネルギーを供給する重要な食べ物です。
しかし、炭水化物中心の食生活を送ると太りやすくなります。
ダイエットをする場合でも、バランスの良い食事を心がけ、炭水化物だけ食べないような極端な食生活を送らないようにしましょう。
矢野 宏行

医師 医学博士

監修者:矢野 宏行

糖尿病専門医、老年病専門医。
2006年 日本医科大学を卒業後、日本医科大学付属病院、国立国際医療研究センター研究所を経て、現在は都内クリニックに勤務。