【専門医が解説】糖尿病の人は風邪をひきやすい?かかった時の対処法は?

【専門医が解説】糖尿病の人は風邪をひきやすい?かかった時の対処法は?

矢野 宏行

医師 医学博士

執筆者:矢野 宏行

糖尿病専門医、老年病専門医。
2006年 日本医科大学を卒業後、日本医科大学付属病院、国立国際医療研究センター研究所を経て、現在は都内クリニックに勤務。

糖尿病があると風邪やインフルエンザなどの感染症に罹りやすいと言われます。また感染症に罹ると、糖尿病でない方と比べて治りにくいこともあります。今回は糖尿病と感染症の関係についての解説です。


はじめに

糖尿病があると、風邪にかかりやすいと聞いたことがある方もいるかと思います。
実は糖尿病の方は、そうでない方と比べると風邪だけではなく、感染症全般にかかりやすいと言われています。
今回はなぜ糖尿病があると感染症にかかりやすいのか、またその対処方法などについて紹介します。

糖尿病の人が風邪をひきやすい理由

人間の体には侵入してきた病原菌を排除しようとするシステムがあります。
しかし、糖尿病があり、高血糖の状態が続いていると、この病原菌を排除するシステムがうまく機能せず、特に白血球の機能が低下します。
また糖尿病は血流の流れも悪くなっているため、白血球や免疫担当細胞が感染部位に届きにくい状態になっています。
これらの理由から糖尿病の方は、風邪などの感染症にかかりやすいと言われています。

糖尿病があると感染症が長引く

また、一度感染症にかかるとサイトカインやストレスホルモンなどが分泌されるため、これらがインスリンの働きを阻害し、血糖値はいつもよりさらに上昇します。
するとさらに白血球や免疫担当細胞などの働きが低下し、感染症が長引いたり、重症になりやすかったりします。
糖尿病の人は風邪をひきやすい?かかった時の対処法は?1

感染症にかかった時の対処方法

糖尿病でない方も、年に数回は風邪を引いたり、胃腸炎にかかったりするかと思います。
糖尿病の方は感染症にかかりやすく、重症化しやすいため、特に注意が必要です。
糖尿病の方が感染症にかかった場合、高熱でぐったりする、食事が食べられないといった状況にもかかわらず血糖値がいつもより高い状態が続きます。
内服薬やインスリンなどを使って治療を続けている方は、あらかじめ感染症にかかった時の対処方法を主治医と相談して決めておくことをお勧めします。
また、糖尿病の方は感染症が重症化しやすいため、体調不良や発熱のあるときはすぐに医療機関を受診するようにしましょう。
糖尿病の人は風邪をひきやすい?かかった時の対処法は?2

まとめ

糖尿病の方は、風邪やそのほかの感染症にかかりやすく、重症化しやすい傾向があります。
常日頃の手洗いやうがいをしっかり行いましょう。
またインフルエンザや肺炎の原因となる肺炎球菌などはワクチンもありますので、忘れずに接種しましょう。
POINT
糖尿病がある方は季節の風邪、インフルエンザなどに罹りやすいです。
こまめな手洗いやマスクで予防しましょう。