食べる順番を変えるだけ、「食べ順ダイエット」の方法

食べる順番を変えるだけ、「食べ順ダイエット」の方法

中道 麻智子

管理栄養士

執筆者:中道 麻智子

大学卒業後、料理教室の運営スタッフとして勤務。主に料理講師を1年間経験。その後、委託給食会社で大量調理、献立作成、離乳食教室講師などに従事してきた。現在はオンラインでの保健指導、健康関連の執筆など幅広く活動している。

「ダイエットしたけど、なかなか続かないな」「ダイエットでは何回もリバウンドしたよ」なんて、皆さんも経験はありませんか?じつは同じ食事の内容でも食べる順番を変えるだけで、ダイエット効果が期待できるのです。今回は食べる順番をかえるだけ、「食べ順ダイエット」を紹介しますね。


食べる順番を変えるだけ、食べ順ダイエットのやり方とは

「えっ?食べる順番を変えるだけ?」
「それだけでダイエットに効果があるの?」
と疑問に思った方も多いと思います。
実はこの食べる順番ダイエットは糖尿病の患者さんの血糖値をコントロールするための方法として考案されたものなんです。
やり方はいたって簡単。
    1.野菜や海藻などの食物繊維が含まれているもの

     

    2.肉や魚、卵や乳製品、大豆食品などのたんぱく質

     

    3.コメやパンなどの炭水化物
この1→2→3の順番で食べるだけなんです。
食べる順番を変えるだけでダイエット1

食べる順番を変えるだけで得られるダイエット効果

野菜や海藻などの食物繊維をはじめに食べることが食べる順番ダイエットの肝となります。
この食物繊維を先に食べることでどのような効果があるかを考えてみましょう。

・食べる順番を変えれば脂肪がたまることを防げる

野菜や海藻に含まれる食物繊維は糖質の吸収を緩やかにします。
そのため、食後の血糖値の急上昇を防ぐことが出来ます。
血糖値が急上昇すると、体からはインスリンというホルモンが分泌されます。
インスリンは血液中のブドウ糖を肝臓や脂肪にため込もうとするため、
太りやすいホルモンとも考えられています。

・食べる順番をかえれば、食欲をコントロールできる

食物繊維を先にとることによって、満腹感が得られます。
食物繊維が腸内で水分を吸って膨張するためです。
そのため食べ過ぎの防止にもなります。

・コレステロールの吸収を抑える働きもあります

野菜や海藻に含まれる食物繊維はコレステロールの吸収を抑える働きもあります。
余分なコレステロールの吸収を抑えてくれることでダイエットにもつながりますね。

手軽にできる食べ順ダイエットでストレスフリー

いかがでしょうか?ダイエットで食事制限するとなるとストレスを感じる方も多くいるかと思います。
食べる順番だけ変えるだけでも、これだけ効果が見込めます。
ぜひ皆さんも取り入れてみてください。
食べる順番を変えるだけでダイエット2

まとめ

食べる順番をかえるだけ、「食べ順ダイエット」は食べるものは変えずにダイエットすることが出来ます。
まずは次の食事から、野菜→ 肉・魚→ ごはん・パンの順番で食べてみましょう。
きっと健康的に、ストレスなくダイエットを継続できると思いますよ。
矢野 宏行

医師 医学博士

監修者:矢野 宏行

糖尿病専門医、老年病専門医。
2006年 日本医科大学を卒業後、日本医科大学付属病院、国立国際医療研究センター研究所を経て、現在は都内クリニックに勤務。