ファストフードは太りやすい?食べる時の注意点とは

ファストフードは太りやすい?食べる時の注意点とは

川村 あかね

管理栄養士

執筆者:川村 あかね

大学卒業後、管理栄養士として総合病院に勤務。生活習慣病をはじめとした、多岐にわたる疾患に対する栄養指導を8年間経験。現在は特定保健指導、地域のボランティアにて高齢者の料理教室や乳幼児の親御さんへの栄養相談などを行っている。

ファストフードは忙しい方にとって、手軽に食事をすることが出来るため、とても利用しやすいお店です。最近はその種類も店舗数も増え、ますます足を運びやすくなっているように感じます。 しかしメニューの選び方を間違えてしまうと、体重増加や生活習慣病などのリスクを高めてしまう危険性もあります。今回は押さえておくべきポイントをご紹介します。


はじめに

ダイエット中と決めていても、無性に食べたくなるファストフード。
手軽に食べられることもあり、何気なく立ち寄ってしまう方も多いのではないでしょうか。
ファストフードは総じて高カロリー、高脂質で野菜が少なく、とても体に良い食事というわけではありません。
しかし、あらかじめ食べる内容や頻度を決めておけば、全くダメというわけではなく上手に利用することが出来ますよ。

ファストフードは高カロリー

代表的なファストフードとして、ハンバーガーやフライドポテト、ピザ、フライドチキンなどがあります。どれも名前を聞くだけでお腹が空いてきそうですね。
しかし、注意しなくてはならないのはどれも「高カロリー」ということです。
では、米飯のカロリーと比較してみましょう。
お茶碗1杯(約150g)の米飯は240kcalです。
ハンバーガーは店舗にもよりますが、1個あたり300〜500kcal程度です。さらにお肉を増量していたり、揚げ物が挟んであったりすると700kcal程度あるものもあります。
ポテトはSサイズでも250kcal程度ありますし、フライドチキンも1ピース250kcal程度です。
つまり、セットにすると1000kcalを超えるようなエネルギーを摂ることにつながります。
ファストフードは太りやすい?食べる時の注意点とは1

野菜が少なく、脂っぽい

厚生労働省が策定する「日本人の食事摂取基準」というものがあります。
健康的な生活を送るうえで、どのくらいのエネルギーを摂取し、1日に摂るエネルギーのうちで三大栄養素をどのくらいの割合で摂取することが理想なのかを示しています。
その中で、脂質の割合は男女ともに20〜30%が目安とされます。
例えば、あるハンバーガーショップで「ハンバーガー、フライドポテトMサイズ、炭酸飲料Mサイズ」のセットを注文します。すると総カロリーは約800kcal、脂質は約30gになります。
脂質は1gあたり9kcalありますので、脂質だけのエネルギーは270kcal(30g×9kcal)となり、全体の800kcalに対して脂質の割合は約34%を占めることになります。
これは目標である20〜30%を超えてしまい、脂っこい食事ということになります。
また、総じてファストフードは野菜の量が少なくなってしまうのも問題です。
ファストフードは太りやすい?食べる時の注意点とは2

ファストフードを食べる際の注意点とは

ではファストフードをどうしても食べたくなった時に注意するポイントとはどのようなことでしょうか。
ファストフードはどうしても野菜が不足します。
しかし、サイドメニューをみてみるとサラダや野菜ジュースなども載っています。
いままでサイドメニューに揚げ物ばかり選んでしまう方は、今後の健康を考え、野菜を積極的に選ぶように心がけましょう。
また、飲みものも、炭酸飲料や清涼飲料水ではなく、お茶やコーヒーなどを選んで糖分の少ないものにしましょう。
ファストフードは太りやすい?食べる時の注意点とは3

まとめ

私たちの日常生活に身近なファストフードですが、高カロリーかつ脂っぽいものが多く、とても健康的な食事とは言えません。
どうしても食べたくなったら、なるべくカロリー控えめで、野菜も摂れるメニューを選ぶように心がけましょう。
矢野 宏行

医師 医学博士

監修者:矢野 宏行

糖尿病専門医、老年病専門医。
2006年 日本医科大学を卒業後、日本医科大学付属病院、国立国際医療研究センター研究所を経て、現在は都内クリニックに勤務。