【管理栄養士執筆】痛風の方はお酒を控えなければいけない理由

【管理栄養士執筆】痛風の方はお酒を控えなければいけない理由

渡邉 詩織

管理栄養士

執筆者:渡邉 詩織

大学卒業後、管理栄養士として社員食堂、総合病院、特別養護老人ホームに勤務。主に糖尿病、高血圧の患者さんへの栄養指導、献立作成、調理など幅広く経験。現在は料理・お菓子教室、食育活動、健康関連の執筆など幅広く活動している。

ある日突然、足の親指の付け根が腫れて激痛が走る。こんな経験をされた方もいるかもしれません。現在日本には約60万人の痛風患者がいると推計されています。1950年代までの日本にはほとんど痛風患者がいませんでしたが、食生活が豊かになり、飲酒量が増えてきたこともあり、現在では患者数が急増しています。今回はメタボとも関係の深い痛風について、お酒との悪影響を中心に解説します。

はじめに

痛風とは血液中の尿酸が多い状態が続くことで発症します。
厳密にいうと、血液中に尿酸が溶けきれなくなるほど増えることで、尿酸が尿酸結晶として固まり、関節内に溜まることで痛風発作は発症します。
この痛風発作は足の親指の関節が赤く腫れ、激痛を伴う病気です。
約9割の患者さんは男性ですが、近年では女性の患者数も増えてきています。
痛風はアルコール摂取で発症することが多いため、お酒を制限する必要があります。
痛風の方はお酒を控えなければいけない理由1

なぜ痛風は発症するのか

痛風が発症する原因は尿酸値の上昇です
ではなぜ尿酸値が上昇するかというと、食品やアルコール飲料に含まれるプリン体を摂りすぎることが原因です。
プリン体はお酒の中でもビールに多く含まれます。
蒸留酒である焼酎やウイスキーにはプリン体含有量が比較的少ないですが、
ビール以外のお酒も痛風を興したことがある方は注意が必要です。
痛風の方はお酒を控えなければいけない理由2

痛風の方はお酒に注意が必要です!

ではなぜ痛風の方がお酒を控えないといけないのかというと、
以下の理由があるからです。

・尿酸の産生が増える

アルコールが分解されるときに尿酸が作られます。
またビールなどのお酒には尿酸のもととなるプリン体が多く含まれています。

・尿酸の排泄を妨げる

尿酸は通常、尿となり体外に排出されます。
しかしアルコールはその排出を阻害してしまいます。
その結果体内に尿酸がとどまりやすくなります。

・アルコールの利尿作用により、尿酸が濃縮される

アルコールは利尿作用があり、体が脱水傾向になりやすい飲み物です。
お酒を飲むことで尿酸は排出されにくくなるのに、さらに体から水分だけが排出されるので、尿酸は体内に溜まってしまうのです。

・お酒のおつまみも要注意です

お酒にプリン体が多く含まれるだけでなく、お酒のつまみになる食べ物にもプリン体が多く含まれているのです。
例えば、レバー、白子、魚の干物などには特に多くプリン体が含まれています。
白子やレバーには100gあたり300mgものプリン体が含まれます。
『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』には生活指導として、1日400mg以内にプリン体を摂取制限するようにと示されています。
つまりプリン体の多い食品は、それだけで1日分のプリン体を摂取してしまうことになります。

・お酒は食欲を増す

アルコールには食欲亢進作用があり、つい食べ過ぎてしまいます。
お酒自体のカロリーと合わせて、食べる量も増えてしまえば、カロリー過多に陥ってしまうでしょう。痛風だけでなく、生活習慣病のリスクも上がります。
痛風の方はお酒を控えなければいけない理由3

まとめ

以上の理由から痛風や高尿酸血症の方はお酒を控える必要があります。
何かとお付き合いで宴会が多いビジネスマンの方にとっては注意が必要です。
くれぐれも、程々にお付き合いしましょう。
矢野 宏行

医師 医学博士

監修者:矢野 宏行

糖尿病専門医、老年病専門医。
2006年 日本医科大学を卒業後、日本医科大学付属病院、国立国際医療研究センター研究所を経て、現在は都内クリニックに勤務。