糖質制限のメリットとデメリットについて管理栄養士が解説します!

糖質制限のメリットとデメリットについて管理栄養士が解説します!

大道 行恵

管理栄養士

執筆者:大道 行恵

管理栄養士取得後、総合病院や特別養護施設で勤務。その後英国にて修士課程を修了する。
現在も現役で病院栄養士として勤務している。

ダイエットの話となると必ずといっていいほど「糖質制限」があがります。メリットとして減量効果が期待される一方、継続できない、健康に悪影響がある、リバウンドしやすいといったデメリットも聞かれます。 今回は糖質制限についての取り組み方やそのメリット、デメリットについて管理栄養士から紹介します。


はじめに

ここ数年、注目されている糖質制限ダイエット
体のエネルギーとなる栄養素に、炭水化物・タンパク質・脂質がありますが、このうち炭水化物に含まれる糖質を制限して、タンパク質や脂質は好きなだけ摂って良い、というダイエット方になります。
糖質は主に炭水化物から摂取されるため、ご飯やパン、麺類などの主食に多く含まれます。
糖質制限は、複雑なカロリー制限の必要がなく、糖質のみを減らすだけという分かりやすさと、糖質以外のタンパク質や脂質はたくさん食べられるので、空腹による苦痛が少ないという点が、このダイエット方法の大きな魅力です。
糖質制限のメリットとデメリットについて管理栄養士が解説します1

糖質制限のメリットとデメリットは

普段から糖質を摂りすぎていた方にとっては、糖質制限をすることで減量の効果が出やすかったり、血糖値の急上昇が抑えられたりといったメリットがあります。
このようなメリットがある中、糖質制限のデメリットを心配する声も徐々に聞かれてくるようになりました。
糖質を制限しすぎると、ダイエットを辛いものにしてしまいますし、体調にも影響を与えることがありますので注意したいところです。
私たちが食事で摂取すべきエネルギーのうち、半分以上は基礎代謝といって生命を維持するために必要なものです。
とくに体の司令塔である脳は糖質をエネルギー源として使います。
そのため、糖質制限にチャレンジした方からは、「疲れやすい」、「集中出来ない」、「ボーッとする」などといった感想を聞きます。
これは糖質を制限しすぎたことで脳をはじめ、全身に必要なエネルギーが供給されていなかったために起こった症状と考えられます。
また糖質不足が続くと、脳へ送るエネルギーを供給するため、筋肉を分解してしまいます。
そのため基礎代謝に重要な筋肉量も減ってしまいます。
そして、過度な糖質制限を継続すると動脈硬化が進行するなどといった、健康にとってマイナスの研究結果も報告されています。(2)
糖質制限のメリットとデメリットについて管理栄養士が解説します2

糖質の注意するべきポイント

このように糖質は体にとって必要なものですが、摂りすぎは肥満に繋がりますし、糖尿病の方は血糖値のコントロールも悪化します。
外食などで偏った食生活を送っていたり、毎日のようにスイーツや砂糖をたくさん含むお菓子・飲料を摂る方は、間違いなく糖質の摂りすぎです。食生活の見直しをしましょう。
例えば、菓子パンからトーストへ、清涼飲料水はお茶に、スイーツやお菓子を果物に変える、ラーメンの替え玉はやめるといっただけでも、糖質の摂りすぎを防ぐ大きな第一歩です。

バランスの取れた食生活を送りましょう

やはり、適切なダイエット法はバランスの良い食生活を送りながら、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることです。
糖質制限をすると、相対的にタンパク質や脂質を今まで以上に摂取することになります。
すると、コレステロールの摂取量が増えたり、塩分摂取も多くなる可能性があり、コレステロール値や血圧が上昇するなどの心配も出てきます。
糖質制限のメリットとデメリットについて管理栄養士が解説します3

まとめ

糖質制限ダイエットは注意が必要です。
大切なエネルギー源である糖質を必要以上に減らすことはオススメではありません。
やはり、糖質を含む炭水化物、タンパク質、脂質をバランスよく摂りながら、全体のエネルギー摂取を抑えていくことをオススメします。
バランスの取れた食事と、適度な運動を組み合わせて、健康的にダイエットに取り組みましょう。
矢野 宏行

医師 医学博士

監修者:矢野 宏行

糖尿病専門医、老年病専門医。
2006年 日本医科大学を卒業後、日本医科大学付属病院、国立国際医療研究センター研究所を経て、現在は都内クリニックに勤務。