食べ順ダイエットの効果とやり方

食べ順ダイエットの効果とやり方

中道 麻智子

管理栄養士

執筆者:中道 麻智子

大学卒業後、料理教室の運営スタッフとして勤務。主に料理講師を1年間経験。その後、委託給食会社で大量調理、献立作成、離乳食教室講師などに従事してきた。現在はオンラインでの保健指導、健康関連の執筆など幅広く活動している。

同じ食事内容でも食べる順番によってダイエットの効果があることを知っていますか? いつも好きなものから食べたり、食べる順番を考えずに食事をしている方は要注意。今回は食べる順番を変えるだけの食べ順ダイエットの効果とやり方をご紹介します。

食べ順ダイエットの効果

・体脂肪を蓄積する働きのあるインスリンの過剰分泌を防ぐ

野菜や海藻に含まれる食物繊維は糖質の吸収を緩やかにする働きがあり、血糖値の急上昇を防ぎます。血糖値は急上昇すると血糖値を下げるためのホルモンであるインスリンが多量に分泌されます。このインスリンには体脂肪を蓄積する働きがありますので、急激な血糖値の上昇を防ぐことはダイエットにおいて重要です。

・満腹感を得られやすくなり、食欲をコントロールできる

食物繊維は腸内で水分を吸って膨張するため、食事の始めに食物繊維をとる事で満腹感が得られやすくなります。満腹感を得られることで食事量のとり過ぎを防ぐことができ、結果的に摂取カロリーを抑えることが出来ます。

・脂質の吸収を抑える

食物繊維には脂質の吸収を抑える働きがあります。脂質の吸収を抑えることで体脂肪の増加を防ぐことができます。

・糖質の摂り過ぎを防ぐ

食物繊維によって満腹感を得られることで糖質の摂取量が少なくなり、血糖値の急上昇を防ぐことができます。糖質のとり過ぎはインスリンが多量に分泌されて血糖値の急上昇に繋がるため、糖質のとり過ぎを防ぐことは重要です。

食べ順ダイエット1

食べ順ダイエットのやり方

食べる順番を変えるだけでダイエット効果が得られるのであれば試してみる価値がありますよね!ダイエットの効果を得るためには食べ順ダイエットを正しい方法で行うことが重要です。以下の内容をもとに、食べ順ダイエットのやり方をマスターしましょう。

食べる順番

1.野菜や海藻などの食物繊維が含まれている食材
2.肉や魚、卵や乳製品、大豆製品などのたんぱく質
3.米やパンなどの炭水化物

たんぱく質には脂質が含まれていますので、食物繊維の次に摂ると脂質の吸収を抑えることが出来ます。食物繊維の後にたんぱく質を摂ってお腹が満たされた後で炭水化物を食べることで炭水化物の摂取量を減らすことができ、カロリーの摂取量も抑えられます。噛む回数を増やすことで満腹中枢に刺激が送られて満腹感を感じるようになりますので1口30回を目安に噛んで食べましょう。
食べ順ダイエット2

手軽にできる食べ順ダイエットでダイエット効果を高めよう!

食べ順ダイエットは食事制限や運動などを行うのでは無く、食べる順番を変えるだけなので簡単に行うことが出来ます。ストレスも溜まりにくいダイエット法ですので日々の生活に取り入れてみてくださいね。

矢野 宏行

医師 医学博士

監修者:矢野 宏行

糖尿病専門医、老年病専門医。
2006年 日本医科大学を卒業後、日本医科大学付属病院、国立国際医療研究センター研究所を経て、現在は都内クリニックに勤務。