【管理栄養士執筆】注意したい砂糖の中毒性

【管理栄養士執筆】注意したい砂糖の中毒性

水島 知美

管理栄養士

執筆者:水島 知美

大学卒業後、製薬会社の医療情報担当者として勤務。医療従事者への情報提供や患者さんへの活動支援などを3年間経験。その後、保健福祉施設にて管理栄養士として7年間勤務。高齢者や障害者などの入所・通所者のほか、保育園児の献立作成など、幅広い世代の栄養管理を担当。現在はオンラインでのレシピ作成や健康、栄養関連の執筆などを行っている。

ちょっと時間ができた時や疲れを感じた時など、つい甘いお菓子や飲みものに手を伸ばしてしまいがち。砂糖の多い食品や飲料にはやめられない魅力があります。砂糖は中毒性の高い物質なので、だんだんと摂取量が増え、摂取しないと不安やイライラなどの症状をもたらします。  砂糖の摂りすぎは肥満や糖尿病をはじめ、さまざまな不調の原因になるので、摂り方などに注意が必要です。今回は砂糖の中毒性についてお話し、砂糖との付き合い方や摂りすぎ防止法などもご紹介します。

はじめに

砂糖とはサトウキビやサトウダイコンを原料として生産される天然の甘味料です。
上白糖、黒糖、グラニュー糖などいろいろな種類があり、甘いお菓子のみならず料理にも利用されています。
砂糖は中毒性があり、肥満や糖尿病、虫歯などの健康障害にもつながる食品のため、WHO(世界保健機関)はその摂取量に制限を設けるようにと推奨しています。

砂糖の中毒性とは

砂糖はパンやスープなどの加工品や清涼飲料水、調味料などにも含まれます。
そのため、砂糖の中毒は必ずしも甘いものが好きな人だけに起こるわけではありません。
甘いお菓子や飲みものを口にしないという人も、無意識に砂糖を摂取しています。
そのため脳はその味を覚えてしまい、また必要だと指令を出して依存症になってしまう可能性があります。
注意したい砂糖の中毒性1

中毒性のメカニズム

 砂糖を摂取すると、体の中の消化酵素によってブドウ糖に分解され、血液中に溶け込んで血糖値を上昇させます。
特に白砂糖は糖の中でも分子が小さいので、血糖値を一気に上昇させます。
すると血糖値を下げようとインスリンが分泌されます。
インスリンは膵臓から分泌されるホルモンで、この作用によって血糖値が下がると、今度は体の中が低血糖になると感じるので、脳はエネルギー不足だと勘違いをします。
すると甘いもの、すなわち砂糖を摂るように指令を出します。
この繰り返しで砂糖をずっと求めるようになってしまうのです。
また、砂糖の摂取によって分泌される脳内ホルモンの「セロトニン」の働きによって、幸せな気分や癒される気持ちになることも理由のひとつです。
この快感がクセになり、繰り返し砂糖を欲しがるようになります。

砂糖との上手な付き合い方

私たちの身の回りには砂糖を含むものが多く、普通に生活しているだけで簡単に過剰になってしまいます。
WHO(世界保健機関)の提言では1日の砂糖摂取上限量は25gですが、これはスポーツドリンク(500ml)1本、ショートケーキ1個、アイスクリーム(100g)で簡単にオーバーしてしまう量です。
完全にカットする必要はありませんが、砂糖の量に注意して、できるだけ甘いものを減らすように意識をしていきましょう。

砂糖のとりすぎを防ぐコツ

  1. 家の中の目につきやすい所、手が届きやすい所に甘いものを置かない
  2. 甘いものが欲しくなったらフルーツや芋類などを食べる
  3. ビタミン、ミネラルを多く含む食品で、甘いものをたくさん摂ったときに不足した栄養素を補う
  4.              

  5. 疲れやイライラを感じたときは、休息時間をとったり、軽い運動をしたりして気分転換をする
注意したい砂糖の中毒性2

まとめ

砂糖を必要以上に摂りすぎた食生活を続けると、肥満や糖尿病だけでなく、うつ病、骨粗鬆症、冷え性、老化を進める糖化の原因になります。
毎日食べる習慣になっている人は砂糖の中毒性に注意をして、依存症にならないように気を付けましょう。
POINT
現代の食生活には砂糖を含む食品がたくさんあります。加工食品に添加された砂糖など、隠れた砂糖の量にも意識をして、摂取する量を考えることが大切です。

矢野 宏行

医師 医学博士

監修者:矢野 宏行

糖尿病専門医、老年病専門医。
2006年 日本医科大学を卒業後、日本医科大学付属病院、国立国際医療研究センター研究所を経て、現在は都内クリニックに勤務。