いま注目の糖質ゼロについて、知っておきたいポイント

いま注目の糖質ゼロについて、知っておきたいポイント

水島 知美

管理栄養士

執筆者:水島 知美

大学卒業後、製薬会社の医療情報担当者として勤務。医療従事者への情報提供や患者さんへの活動支援などを3年間経験。その後、保健福祉施設にて管理栄養士として7年間勤務。高齢者や障害者などの入所・通所者のほか、保育園児の献立作成など、幅広い世代の栄養管理を担当。現在はオンラインでのレシピ作成や健康、栄養関連の執筆などを行っている。

ダイエットや健康を考えて、糖質制限にチャレンジした方もいるかもしれません。いま巷では「糖質ゼロ」、「糖類ゼロ」、「ノンシュガー」、「微糖」などいわゆる糖分を制限している食品や飲料が多く販売されています。 今回はそんな糖質の役割や糖質ゼロ、糖類ゼロの違いについてお答えします。

糖質について

糖質は私たちの体にとって活動するためのエネルギー源となる重要な栄養素ですが、過剰に摂取してしまうと、体にさまざまな悪影響を及ぼします。
糖質の摂りすぎは太るだけでなく、シワやたるみなどの原因となり肌の老化を促進したり、集中力の低下や急激な眠気を引き起こしたりします。
また、イライラや気分の落ち込みなど、心にも影響を与えると言われています。
いま注目の糖質ゼロについて1
糖尿病などで食事制限している方以外にも、糖質制限ダイエットなど、糖質コントロールが近年話題となり注目を集めています。
スーパーやコンビニでは、「糖類ゼロ」や「糖質ゼロ」といった表記を飲料や食品などで数多く見かけるようになりました。みなさんは糖類ゼロと糖質ゼロの表示の違いをご存知でしょうか?
一見同じように見えますが、厳密には少し違ってきます。今回はこの違いについて、詳しくお話をします。
いま注目の糖質ゼロについて2

糖質と糖類の違いとは?

・糖質とは

糖質は炭水化物から食物繊維を除いたものの総称で、糖類(砂糖など)、多糖類(でんぷんなど)、糖アルコール(キシリトールなど)などで構成されています。
糖と聞くと甘いもののイメージがありますが、米や小麦粉、芋類も糖質が豊富です。近年話題となっている糖質制限ダイエットは、この砂糖やでんぷんなどの摂取量を減らすダイエット法です。
いま注目の糖質ゼロについて3

・糖類とは

糖類は、糖質のうち単糖類と二糖類(単糖が2個つながったもの)を指します。
単糖類は果物やハチミツなどに含まれる果糖やブドウ糖など、二糖類は砂糖の主成分となるショ糖や乳糖などで、甘味の原料になるものです。
甘味の原料は、洋菓子や和菓子、菓子パン、加工食品、調味料など幅広く使われているので、知らず知らずのうちに過剰摂取になってしまいがちです。摂る量に注意をしましょう。

糖類ゼロと糖質ゼロの違いとは

ゼロという表示をする基準は、健康増進法の食品表示基準によって定められています。
食品100g(飲料100ml)につき、糖質の含有量が0.5g未満だと糖質ゼロ、糖類の含有量が0.5g未満だと糖類ゼロと表示ができます。
糖質ゼロの商品の場合、糖類も多糖類も糖アルコールも含みません。
一方で糖類ゼロの商品の場合、砂糖やブドウ糖などは含んでいませんが、キシリトールなどの甘味料が使われている可能性があります。
つまり、糖質ゼロと糖類ゼロの商品では、糖質ゼロのほうが糖の含まれる量が少ないのです。

糖質は体に良いのか、悪いのか?

糖質は体にとって大切な栄養素です。摂取された糖質は吸収されるとすぐにエネルギーとして利用されます。
しかし摂りすぎた食生活を続けると、体内で使い切れずに余った糖質が健康や美容に悪影響を及ぼします。
一方で不足が続いた場合には、不整脈や筋肉量の低下などの原因となります。
適切な糖質量を知り、自分は摂りすぎているのか、不足しているのかを把握して栄養バランスのよい食生活を心がけましょう。
いま注目の糖質ゼロについて4

まとめ

ダイエットや健康維持のために糖質の摂取を抑えようとする場合には、食品や飲料の表示に気をつけ、糖質なのか糖類なのか、一度確認してみると良いかもしれません。
糖類と糖質は違うものなので、糖類ゼロと糖質ゼロでは意味合いが変わってきます。糖質ゼロや糖類ゼロといった表示の違いを理解して、正しく商品を選ぶようにしましょう。
矢野 宏行

医師 医学博士

監修者:矢野 宏行

糖尿病専門医、老年病専門医。
2006年 日本医科大学を卒業後、日本医科大学付属病院、国立国際医療研究センター研究所を経て、現在は都内クリニックに勤務。