メタボリックシンドローム(メタボ)とは

内臓脂肪型肥満に高血圧、高血糖、脂質異常のうち2つ以上が合併した状態をメタボリックシンドロームと定義しています。日本人の死因の上位にある心臓病や脳卒中は動脈硬化を背景に発症することが分かっていますが、動脈硬化は加齢、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満、喫煙などが原因で進行します。これらのいくつかを含むメタボリックシンドロームは動脈硬化を進行させ、将来的に心臓病や脳卒中などのリスクを高めてしまう可能性があります。

メタボリックシンドロームの現状

平成20年から始まった「特定検診・特定保健指導」ではメタボリックシンドロームの概念を取り入れて、腹囲の測定が必須になりました。内臓脂肪型肥満をウエスト周囲径で簡便に判断するためです。
メタボリックシンドロームが怖いのは、ほとんど自覚症状のないまま動脈硬化が進行することです。ですので、ある日突然脳卒中や心筋梗塞で倒れてしまうリスクを抱えています。厚生労働省は成人男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームやその予備軍に該当し、総数として約2000万人いると推計しています。

メタボの話に関連する記事一覧